本文へジャンプ
ホーム 労働組合ってなに? わたしたちの取り組み あなたの権利 支部 交流会 資料室

わたしたちの取り組み

よい医療・よい看護のために
 

働き続けられる職場をめざし看護師の大幅増員を勝ち取ろう!

 「人の役に立つ仕事がしたい」「よい医療・よい看護をめざしたい」「困っている人を助けたい」・・・毎年、多くの看護師が希望をもって就職します。しかし、その一方で、「もうこれ以上働けない」「家庭と両立できない」「疲れきった」と多くの看護師が退職していきます。経営のためにギリギリの人数で過酷な労働を強いられている看護師の現状です。人員を増やして、働き続けられる職場に改善していくことが求められます。

年次有給休暇を完全消化して人間らしい生活を取り戻そう!

 「みんな忙しいから」という理由で年休(年次有給休暇)がとれないということはありませんか? 年休は法律で守られているあなたの権利です。まず、自らが年休を取得しましょう。そして、年休を取らない、取らせない職場風土を変えていきましょう。また、使用者には年休が完全消化できる人員配置が求められます。

増員で時間外労働をなくし、職場に働くルールを確立しよう!

 本来、業務は時間内に終わらなければならないものです。時間外労働は例外的な措置であり、そもそもの原因は人手不足です。増員以外に解決方法はありません。

チーム医療を破壊する成果主義賃金の導入に反対しよう!

 「成果主義賃金」(勤務評価制度)導入の狙いは「賃下げ・総人件費削減」です。競争主義はチーム医療の破壊であり、医療・福祉の現場にはなじまないものです。


長時間労働である2交替制勤務に反対しよう!

 2交替制導入について、「勤務と勤務の間があく」とか「休みがとれる」などと説明されていますが、そんなことはありません。週の労働時間が短くならない限り、休みが増えたとは言えないのです。また、長時間夜勤は短時間夜勤に比べて疲労やストレスが高くなります。「まとめて働き、まとめて休む」は健康に有害です。


臨時・パート職員の均等待遇をめざそう!

 臨時・パート職員の正職員との均等待遇を求めています。とくにフルタイムの非常勤については正職員とまったく同じであるべきです。また、時間の短いパート職員の待遇については、正職員を基準とした均衡を求めています。また、正職員への道を開くことを求めています。

連合会病院の再編・「合理化」に反対し雇用と医療を守ろう!


 

ページトップ▲



110-0013 東京都台東区入谷1-9-5 日本医療労働会館
Tel:03-3876-0615 Fax:03-5603-2101
 Mail:mail@kokkyobyoso.com  地図