本文へジャンプ
ホーム 労働組合ってなに? わたしたちの取り組み あなたの権利 支部 交流会 資料室


労働組合ってなに?

働き続けられる職場をめざして

「労働組合」ってなんですか?

たとえば、賃金、労働時間、休日、職場の環境など、
「こうしたほうがいいのにな」って思うことがたくさんありますよね。
でも、ひとりで要求しても使用者は聞いてくれません。
働きやすい職場にするために、働くなかまがみんなで考え、行動する。
これが労働組合です。
働く人の権利は、憲法で保障されています。

憲法第28条 勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

別に私一人ぐらい組合に入らなくても、あんまり変化がないんじゃない…?

ひとり一人の力は弱くても、みんなで力を合わせれば大きな力になるでしょ。
あなたにとってイヤな職場は、みんなにとってもイヤな職場。
みんなが働きやすい職場にしようと、
ひとり一人が手をつないで、いまの組合になりました。
だから、あなたが仲間になってくれることが、すごく大きな力になるんです。


組合に入ったら、上司ににらまれるんじゃないですか…?

そんな上司も残念ながらいますよね。
でも心配ありません。
働く人が、労働組合に入るのは、自分の権利を守るため。
入ったことを理由に嫌がらせをすることは、法律で禁止されています
(労働組合法第7条)
もし、上司があなたに対してヘンなことを言ってきたら、すぐに仲間に相談してね。


組合費を払うのが、正直言ってもったいない気がします。組合に入るとどんなメリットがあるんですか?

まずなにより、労働組合はあなたの雇用を守るためにあります。
困ったときにはすぐに相談してください。
また、国共病組に加入すると、同じ職場だけでなく、
全国の仲間との知り合うことができます。
楽しい交流会や、役立つ学習会に参加できますよ。

ほかにも、「医労連」
※1の行事に参加できます。
また、「医労連共済
※2に入ることができます。
そして、はたらく人の生活応援バンク「ろうきん」(労働金庫)※3が使えます。

※1 医労連(日本医療労働組合連合会)は国共病組が加盟する団体です。医療や介護職場で働く人たちの労働条件を守る運動を進め、患者さんが安心して医療や介護を受けることができるように政府や自治体への働きかけを行っています。→医労連

※2 少ない掛金で大きな保障の「医労連共済」は、労働組合員同士のたすけあい共済です。一般の医療保険にはないいろいろな特典があります。入院保障だけでなく、たとえば、インフルエンザなどで連続5日以上休んだ場合には1日目から休業保障があります。→医労連共済

※3 お問い合わせはお近くのろうきんへ。→全国労働金庫協会





 

ページトップ▲



110-0013 東京都台東区入谷1-9-5 日本医療労働会館
Tel:03-3876-0615 Fax:03-5603-2101
 Mail:mail@kokkyobyoso.com  地図